Madoda Fani

Madoda Faniは、ケープタウンのグググルトゥ地区に育ち、Sivuyile Collegeの美術学生として粘土の魅力に目覚めました。2000年、ブルキナファソのワガドゥグ国際陶芸サロンに入選し、そこで陶芸家Simon Masiloと出会い、燻煙焼成を紹介されました。Nic Sitholeの指導のもとこの技法を習得し、伝統的な技法と昆虫の外骨格のような曲線的でコイル状のオームを融合させ続けています。

新作
iZembe
陶芸
購入可能
新作
SozeIsitulo Sodaka
陶芸
購入可能
新作
Iziphunga
陶芸
購入可能
新作
Intiliziyo
陶芸
購入可能
新作
Inqanawe II (The Ship)
陶芸
購入可能
新作
Isimomondiya (Beautiful Woman)
陶芸
購入可能
新作
Itafile II
陶芸
購入可能
新作
Inqanawe I (The Ship)
陶芸
購入可能
新作
Untitled I (Carved)
陶芸
購入可能
新作
Nompumelelo (Hope)
陶芸
購入可能
新作
Ibhokhwe (The Black Goat)
陶芸
購入可能
新作
uBhejane II (The Rhinoceros)
陶芸
購入可能
新作
Axis Mundi II
テキスタイル
新作
Moon JarmAfricasso Let Loose
陶芸
新作
Anew
テキスタイル
新作
Ends
テキスタイル
新作
Breath
テキスタイル
新作
Weftless Trace
テキスタイル
新作
In the Almost
テキスタイル
新作
Tetris Dock Table
陶芸